SBIより送金アプリ「Money Tap」リリースのお知らせ

街の屋台ですらキャッシュレスと言われる中国に対してキャッシュレス化が遅れているとされる日本、そっち方面の観光客からは現金主義が七面倒くさいと不評なわけですが、ここに来て大きな進展が始まったようです。

内外為替一元化コンソーシアムにおけるスマートフォン向け送金アプリ 「Money Tap(マネータップ)」提供に関するお知らせ -SBI Holdings

引用

2018年3月7日
SBIホールディングス株式会社
SBI Ripple Asia株式会社

 SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:北尾 吉孝)と、その子会社のSBI Ripple Asia株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:沖田 貴史)が事務局を務め、邦銀61行(別紙1)が加盟する「内外為替一元化コンソーシアム」(以下「本コンソーシアム」)は、分散台帳技術(DLT)を活用した次世代金融基盤に接続するスマートフォン向け送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」を提供することになりましたので、お知らせいたします。

SBIとRippleの合弁会社であるSBIリップルアジア、外国為替に加えて内国為替も一元的に扱う次世代金融基盤を目指していました。2017年12月にリップル社の「xCurrent」を実装した商用版「RCクラウド2.0」が完成、さらに今回、スマートフォン向け送金アプリ「Money Tap」の提供が決定したというわけですね。

マネータップでは銀行送金が9:00-15:00でしか動作しない現状で、個人間含め24時間送金が可能になります。銀行口座番号による送金だけでなく、携帯電話番号やQRコードにも対応することで銀行口座のない人(作れない人)でも利便性の恩恵に預かれるという話。セキュリティ対応は指紋認証(…ってボルダリングのプロとか指紋なくなる人はどうするんでしょ?)

ネットバンク各社は勿論、3メガにゆうちょに信金中金・商工中金・農林中金、北は青森銀行から南は琉球銀行まで各地の地銀と、60以上の金融機関が参加する内外為替一元化コンソーシアム。そのなかでも住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3行が先行して4月以降に試験運用開始、夏以降の一般公開を目指すとのこと。こうなると東京三菱UFJが中心となって動いていたトークンの話はいつの間にか鳴りを潜めたようで…

余談ですが10年前に銀行・証券メインに就活していた私には懐かしいものがあります。でも一番の衝撃はやはり農林中金、つまり…

農協 × ブロックチェーン!!

ここですかね、やっぱ。近所の爺さんの7割8割が農協のキャップかぶって歩いとる村で育ったので…

話を戻すと、これはX Current を用いたシステムなので直接的にXRPを使用するわけではありません。銀行がX Currentのシステムを利用することで間接的にXRPの流動性が上がるということみたいですね。

ちなみに3/13(火)昼現在、SBIホールディングス(8473)は2631円、りそなホールディングス(8308)は587.7円、スルガ銀行(8358)は1669円。それぞれ100株単位で購入できます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中